« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019年2月11日 (月曜日)

連休も終わり

ライブが終わってからの1週間はとてもとても長く感じたけれど、悲しいかな連休はあっという間・・内訳としては、ボイトレ&都内であまり行かない町を探索&チャリ探し。おいしいドーナツ屋さん、韓国料理屋さんを開拓できて、ちょっとうれしかったかも。

ここのところ東京はジグザグ天気で18度くらいになったり雪が降ったり。一方、北海道はめちゃくちゃ寒かったらしくて、出かけなくても夜、車のエンジンを一度かけてくださいという呼びかけがあったらしい。(凍結)  初雪の遅い年は雪が多い、または寒い冬になるといわれているけど、そのジンクスは当たっているのかもしれない。

先日NHKの番組でperfumeの振付などを手掛けるMIKIKO先生の回をみた。その中で小学生からの相談や質問に答えるコーナーがあって、、
褒められたことってすぐ消えてしまうけど、悩んだり自問自答しながら少しずつでも前に進んだことって、自信になるし、そのほうが魅力的な人になれるとおもいます、と答えていた。MIKIKO先生はハキハキと話す人で、言葉に迷いがないというか、、芯がある人。私は、やっぱり芯のある人に惹かれる。TV番組とはいえ、志しの高い人の影響は大きい。浄化してもらったような爽快感があった。

イシガメのロックは元気です。ここ最近、穏やかになってきた気がする。表情が!
ロック魂がちょっと薄くなってきている!w  いろいろと分かってきたのかな、、。
水槽はもう少し大きめのに変えてあげる予定ですが、できることなら10㎝未満でとどまってほしいと願うばかりです。

| | コメント (2)

2019年2月 3日 (日曜日)

恵方おにぎり

先週半ばに仕込んでおいたゆで豚が大活躍。
今回恵方巻きは買わず、豚と薬味とチーズを具にして恵方おにぎりを作りました!

ゆで豚は角煮とちがって塩・生姜・ネギで煮込んだシンプルな味なので、下記の薬味を添えます。

山形の郷土料理、「だし」にちょっと似ているんだけど、3年前のananで紹介されていた1品。
セロリ、長ネギ、青じそ、きゅうり、みょうが、生姜を5ミリ角の粗みじん切りにして、醤油につけておくというシンプルなもの。冷蔵でタッパーに入れて3週間持つらしい。ゆで豚丼に添えたり、そのままごはんに鰹節と一緒にのっけ飯感覚でもいけます。

今日はおにぎりと北海道の郷土料理ちゃんちゃん焼きと、菜の花とお揚げと大根のお味噌汁つき。なかなかヘルシーな節分でした。

さて。ライブが落ち着いたので、デモ録りもやりつつ・・・3月のバリ舞踊に向けて自主練だ~ 引き続きインフルエンザにならないように手洗いうがいの日々継続決定だな。

実は昨日喉がかゆくなってきて、気のゆるみをさっそく感じました。これはいかん、、とおもった・・・(゚д゚)(。_。)

ところで、、スターウォーズのエピソード9ついに!やばい、、雪まつり、その会場だけを観に行きたい・・・いーなー‼  雪まつり、今年第70回らしいです。雪像作り、自衛隊の皆さまお疲れ様ですm(__)m すごい歴史を感じる・・・。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土曜日)

ライブ無事終了!

先日の高田馬場、四谷天窓Comfortでのライブ、無事に終了いたしました。
来てくださったみなさま、SNS等で応援メッセージをくださった方々、ありがとうございます!

およそ3年半ぶりのライブハウスでの歌唱は、2曲とはいえ、とても濃い時間となりました。

ユイイツムニ
一番の宝物

ちょっと説明すると1番しかなかったユイイツムニという曲に2番を作りました。伴奏は少し音を増やしてリニューアルしています。
一番の宝物をライブハウスで歌うのは初めて。どこで歌っても、緊張するというか、やっぱり特別な曲です。けして慣れることのない、慣れてはいけない曲のような気がしています。
アニメから9年。自分でも音源を聴くことがありますが、そのときのその瞬間の空気感がしっかり詰まってて、かけがえのないものだなと感じます。

10年以上前にリリースした、自主制作アルバム「ジョッピン」もそうです。あのとき納得がいかなくて延期して、急きょ吉本さんにお願いをし、作り直して完成しました。
ちょうど愛鳥ぱうだぁが亡くなってしまった翌日レコーディングした曲もありました。そういう思いとか空気感みたいなものが音楽に散りばめられている気がします。

話がちょっとそれてしまったけれど、今回のライブで、改めて感じたこと、決心したこと、これからどうしていきたいか、など、いろんな気持ちが浮かんできて、ワクワクしてきました。
今は発信する場所があふれている時代です。たくさん歌って、作って送り続けますね。
どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ