« 穏やかで静かな光 | トップページ | 返り咲き豆まきと月と »

2018年2月 2日 (金曜日)

メッセージ

1月23日。不思議なもので、師匠が踊る予定だったお寺で、葬儀がおこなわれました。

高速バスで向かう予定でしたが、前夜雪の影響で運休、、急きょ始発の電車を乗り継いで向かうことに。
南房総市、3時間くらいかかったかな…朝早かったおかげで立派な朝日を電車の窓から眺めることが出来た。

葬儀後、カイン(腰布)をはじめ、たくさんの衣装や小道具が並べられ形見分けが。遠方で来れなかった生徒さんの分をメンバーが受け取っていた。私はティルタサリのCDを1枚いただいた。

私は昨年春から新しい先生にバリ舞踊を習っている。実は先生と師匠も知り合いだったことがわかった。10年以上前ではあるけどバリでも日本にいるときも一緒に踊ったことがあったそうだ。一緒に踊ったところは見たことはないけど、めちゃ想像がつく。

先日、レッスンのときに肩&背中の位置を先生に正してもらった。
その帰り、師匠がよく言ってた「背中に鍵をかける」という言葉を思い出した。ハッとして、、メッセージを受け取った、気がした。

3月に踊る機会が入ってきた。たぶん、きっとこれからも踊りを通して大切なことを教え続けてくれているのだとおもう。
歌うことと踊ること、これがまたとてもリンクしているんだよね。

でしょう?と師匠が笑っているような気がした。

|
|

« 穏やかで静かな光 | トップページ | 返り咲き豆まきと月と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏やかで静かな光 | トップページ | 返り咲き豆まきと月と »