« 復活しました | トップページ | メッセージ »

2018年1月17日 (水曜日)

穏やかで静かな光

バリ舞踊の師匠が天に召されたことを、今日FACEBOOKで知って、あまりにもの急な出来事に、いまでも信じられずにいます。
お寺での奉納や公演・ワークショップの関係で、バリから日本に戻ってきてたようですが、そんな最中に亡くなられたとのこと。
ついこの間も、というか数日前もFACEBOOKを更新して、いろんな方にコメントを返していたのに、体調があまり良くなかったのか、こっちに来て体調を崩されたのか、、まだ詳しい情報を入手できてないのだけど、ただただ、、残念でなりません。

先生はバリ在住で、Karulaという名前で舞踊活動をされていました。バリ舞踊を極めて、その先に行きついたのが創作舞踊だったのでしょうか。数年前からは、かみのかるらというユニット名でバリ&日本各地で公演し、舞踊家として、力を注がれていました。

個性というものをとても大切におもってくれる先生でした。あまり集団行動に馴染めなかった私にも優しく、穏やかで静かな光をそっと照らしてくれるような方でした。バリ舞踊の魅力はもちろん、踊りを通して、目に見えないものの大切さや平面ではなく立体を目指していくものの考え方などを教えてくれた大きな存在でした。

すべての命が輝く年となりますように。

先生が元日に残したメッセージ。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 復活しました | トップページ | メッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活しました | トップページ | メッセージ »