« 連休突入 | トップページ | 連休ナカビ »

2013年9月21日 (土曜日)

正しい方角(位置)で踊る、歌う。

満月の影響なのか、、不思議な夢を見たので書き記しておく。

ちょっと気の弱そうな、でも誠実そうな青年と、アラレちゃんに出てくる
あかねちゃんみたいな頼もしいお姉さんが、私の為にアクセクと動いてくれて、、
急遽ワンマンライブ?をセッティングしてくれることになった。
彼らいわく、先月バリ島のブサキ寺院で踊ったときに、
どうやら私は本当の名前を取り戻したらしく、、
・・その本来の名前で、なおかつ正しい方角(位置)?で踊らせてもらえ、
歌わせてもらえることになった、らしい。

そして、その気の弱そうな青年が、カメラらしきものに、この「ライブ」をおさめるらしいのだ。
この現場を取りしきる、という、、彼にとって初めての大きな役割なのだそう。
私はとてもありがたくて、涙が出るほど嬉しくて、なんて恵まれているのだろう、、
ふるえるほどに感動していた。

目が覚めて、おもったのは、彼らは人間になりすました「天使」のようだった。
私のために、ものすごい沢山の人(天使)たちが動いてくださっていた。

夢が叶う、というのは、決して自分の力ではない。
見えるところ見えないところで動いてくださっている方々がいることを
忘れてはいけない。そんな思いがズシンときた。

それにしても、本来の名前、、(笑) まるで千と千尋みたいだった。
人は本当の名前=(記憶)を消されてこの世に生まれてきているらしい。
そして人にはそれぞれ「正しい方位」というのがあるらしく、、
気づけない人がほとんどのようだ。それはとっても不思議だった。

ホロスコープの図?というのか・・あまりはっきりとは覚えてないけど
六芒星というマークの図面上に立たされていた。・・・人は「星」なんだなぁとおもった。
そしてもうひとつ、・・人は「天使」なのだなぁと思った。

|
|

« 連休突入 | トップページ | 連休ナカビ »

こんな夢見た」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休突入 | トップページ | 連休ナカビ »