« 石垣島・・・その1(出発編) | トップページ | 石垣島・・・その3(また来ます!) »

2006年3月 9日 (木曜日)

石垣島・・・その2(結婚式&竹富島編)

kyokai

◆どうも、よそさまの家(ホテル)で寝るのは苦手で・・(-_-)zzzヘンなとこ神経質なO型です。m(__)m朝の6時まで うつらうつら眠れませんでした。結局、TV、電気つけっぱで過ごす。どうやらコチラの日の出は遅いようです、、朝六時半でも真っ暗。弟の挙式は9時半から。笑 九時にロビー集合。なんだか会社と同じ感覚。

天気予報では雨でしたが、現地の人が口々に、、「天気予報は当たらない」と言う・・・。義妹の「てるてるぼうず」作戦が空に届いたようで、おもいっきし快晴。

◆ホテルのチャペル。今月オープンしたばかりで、、真新しいニオイがしてました。オープンして初の「快晴」だったそうだよ。さすが晴れオンナと晴れオトコから生まれた息子は「晴れオトコ」。「ママとパパが行くとこは晴れるから心配ないわよ」と母。た、確かに、、凄い。教会での挙式に参加は生まれて初めて。 神聖なる場所、という感じがビシバシ伝わってきた。無意識に背筋がピンとなる。

◆神父さんが強烈なキャラで、「アーメンっつ!!」式の節々にkyoshiki大変力強いアーメンを連呼してたので、のちに両家では、ちょっとしたアーメンブームが巻き起こる。。。大切な式で笑いの神が降りてきて、、笑いをこらえるのに必死、、だけどなんだか感動もし、身内だけの小さな式だったけど、とてもあたたかかった。外へ出て、鐘が鳴ったとき、ホテルの窓から一般のお客さんたちがこちらを見て、拍手をしてくれた。父は「恥ずかしんでないかーい」と照れていたけど、(北海道弁まるだしのほうが恥ずかしい・・・)ま、いいじゃないの。ありがたいことだよ。私はとても感動・・嬉しかったです。

kyokai2 ◆式のあとは即効着替えて父母と船で竹富島へ。なにせ私たち3人だけ2泊なのでね。石垣湾から船で15分。水牛車に憧れはあったのですが、父が「チャリをレンタしよう!」というので、意外な選択に驚いたけど、こんなこともめったにないだろうと思いOKした。地図を見ながら、3人でじりじりと暑い空のしたチャリをこぐ。ナビは私が担当。コンドイ岬、カイジ浜(星の砂浜)、なごみの塔などをまわり、「あさひ」という店で八重山そばを食べる。途中、母がフシギな赤い実を見つけて、父が「おみやげだ」、といって大事そうに持っていたのですが、そばを食べて会計を済ませたあと、先にイップクするのに外へ出た父が「あの実捨てたよ」とタバコをふかしながら言う。「なんで?」と私。現地の人に聞いたところ、、、「猛毒です。」だって。(笑)食べなくて正解だったよ(゜_゜)(。_。)

|
|

« 石垣島・・・その1(出発編) | トップページ | 石垣島・・・その3(また来ます!) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101538/9029391

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島・・・その2(結婚式&竹富島編):

« 石垣島・・・その1(出発編) | トップページ | 石垣島・・・その3(また来ます!) »